アウトソーシング業界で生き抜くために必要な事3選を紹介します!

スポンサーリンク

こんにちは!ぷうです!

アウトソーシング業界にはどんなイメージを持っていますか?よくアウトソーシング業界は辞めておいた方がいい、と言われます。

ネットで検索すると、アウトソーシング業界は「やめとけ」「しんどい」といった事をよく見ます。

私はそんなアウトソーシング業界で私は6年間仕事をしました。

たしかに6年間働いてしんどい事は多くあり、将来が不安になることもありました。ですが、アウトソーシング業界で働く楽しさもありました。

そこで今回は6年間働いて分かった、アウトソーシング業界で生き抜くために必要な事についてご紹介していきます。

この記事はこんな方にオススメ!
・アウトソーシング業界で働きたい方
・アウトソーシング業界で既に働いている方
●アウトソーシング業界に向き不向きな人とは?こちらをチェック!

●アウトソーシング業界で働くメリット・デメリットとは?こちらをチェック!

スポンサーリンク

アウトソーシング業界とは?

ビジネス会議中の男女四人

そもそもアウトソーシング業界とはどういった業界でしょうか?

簡潔にいうと「企業が行う事業の一部を外部に委託する」業態を言います。

例えば、コールセンター部門を全員自社社員で運営すると1,000万円の経費がかかるとします。

ところが、アウトソーシングで500万円で外部に委託できると、単純にコストを500万円抑えることができます。

自社からすればコストを抑えれる、受注した会社からすれば契約できて売上が上がる、という訳です。

そして、アウトソーサーとして私たちが顧客の社内の部署にて仕事をする、ということです。

実際はもっと複雑ですが、凄く簡単にいうとそうゆうことです。

スポンサーリンク

アウトソーシング業界で生き抜くための3つの方法

それでは、アウトソーシング業界で生きていくために必要な3つの方法についてご紹介してきます。

結論から言います。アウトソーシング業界で生き抜くためには以下の3つを意識・実践してください。

①現場の仕事に埋もれない
②自分は常に営業職だということを忘れない
③社内ヘッドハンティングを意識しろ
それではそれぞれ詳しく説明していきますね。
スポンサーリンク

①現場の仕事に埋もれない

アウトソーシング業界で働くということは、出向先の会社で働くということです。

つまり、あなたが行う仕事はその出向先の会社の仕事になる訳なんです。でも、あなたは出向先の会社の社員ではありません。

あくまでもその会社の現場に出向しているだけなのです。

例えば、その現場の契約が終了したら?違う現場への出向命令が出たら?

そうなった時に、現在出向している現場の仕事しか出来なかったら、きっと別の現場へ出向した時に困ると思います。

わたし、この現場での知識しか無いです、、、は社会では通用しません

現場の仕事に埋もれてしまっていた私

よっぽど器用な人や仕事ができる人で無ければ、普通の人は、今自分がしている仕事で手一杯です。

もちろん、私も目の前の仕事で精一杯でした。

日々の仕事が忙しく業務時間が終わり、そして帰宅後は疲れて寝る。そんな毎日でした。

完全に現場の仕事に埋もれてしまっていたんですね。

今思うと非常にもったいない毎日を過ごしていたと思います。帰宅して空いた時間に資格の勉強をすることもできたし、会社のイベントに参加して顔を広めることもできました。

ですが、当時の私は毎日の疲れで仕事と寝るの繰り返しだったんです。

考え方が変わった上司の一言

大阪から名古屋へ異動となり、そこで私は初めて、現場の仕事だけが全てではない、ということを気付かされました。

それは上司のある一言です。

食いっぱぐれないような知識やスキルを身に付けろ

その一言で私の考え方が変わりました。

どの現場でも通用するスキルは何か?それまでは現場の仕事のみしていた私が、どこでも通用する人材を目指すようになったのです。

重要なのはどの現場でも通用する技術やノウハウです。

②自分は常に営業職だということを忘れない

現場へ出向しているあなた、実は営業職なのです。

私は現場でシステムエンジニアをしているのに、営業職なんですか?

そうです、現場でコールセンターのオペレーターをしている人もシステムエンジニアや保守をしているあなたも、アウトソーシング業界では社員全員が営業職です。

全員営業職って?

アウトソーシングとは、顧客の現場で仕事をすることです。つまり、顧客の社員と一緒のフロアで仕事をする訳です。

休憩室や喫煙所での顧客の社員との何気ない会話から、抱えている課題や悩みを聞けることだってあります。

新規営業なら顧客の抱えている課題や悩みを聞く機会なんて、中々無いと思います。
ましてや部長と会える、なんてこともそうそう無いはずです。
ところがアウトソーシング業界は顧客の社内で仕事をするので、常に顧客と触れ合う環境です。

新規契約を貰えるチャンスは常にあり、その最先端にいる訳なんです。

これが、全員営業職という所以です。

③社内ヘッドハンティングを意識する

上述の①②は外部に対する意識・実施してほしい事柄でした。

最後にご紹介するのは内部に対する事柄です。内部とは社内(出向先の会社ではなく、自分が入社した会社)のことです。

社内ヘッドハンティング・・・社内の別の部署や現場から引き抜かれること。基本的に引き抜かれる人は優秀な人です。
アウトソーシングで現場で仕事をしている人が社内ヘッドハンティングされるには何が必要でしょうか?
ご紹介していきますね。

自社営業を怠らない

自社内の先輩や上司に自分を覚えてもらう。まずはこれをして下さい。

自分の存在を知られなければ、何も始まりません。

自分を覚えてもらうために、会社が開催するイベントには積極的に参加することをオススメします。

イベントによく参加すれば、自ずと自分を覚えてもらえます。

どこでも通用するスキルや資格取得をする

私の同期で現場から本社の経理部へ異動になり、昇格した人がいます。

その人は経理部で働きたかったので、「日商簿記」や「給与計算検定」等の資格を取得しました。

休日以外に、業務後や休憩時間を活用し勉強していました

イベントにはできるだけ参加し、経理部の人へ社内営業を積極的にしていました。

経理部で通用する資格+社内営業の成果ですね!

ちなみにアウトソーシング業界では出向先の現場で仕事をするより、本社勤務や社内の営業部や人事部などの方が給料は高く、昇給昇格も早いです。

私は、アウトソーシング業界で働くならば、現場より本社勤務を目指す方をオススメします。
なので、社内ヘッドハンティングを意識した働き方が重要になってくる訳です。

まとめ

以上、アウトソーシング業界で生き抜くために必要な3つの方法をご紹介しました。

まとめると、

①現場の仕事に埋もれない
②自分は常に営業職だということを忘れない
③社内ヘッドハンティングを意識する
上記の3点を意識した上で、
食いっぱぐれないような知識やスキルを身に付ける」事が重要になってくると思います。
私も経験があるのでよく分かりますが、現場の仕事に加えて、他の事にまで手を回すのは中々難しいです。
ですが、時間は有限ですし社会も凄い速度で変化し続けます。
その荒波に飲まれないよう、まずは自分の意識を変えることから始めてみてはいかがでしょうか?
最後まで読んでくださり、ありがとうございました!
タイトルとURLをコピーしました